ミラノから観光・旅行情報を発信!アーモ・ミラノ











ミラノ近郊ツアーコモ湖やアウトレット・ショッピングなど充実したミラノ滞在をご提案。

皆さんの旅を快適に、安全にサポートさせていただきます。

詳細は「ミラノ近郊ツアー」をお読みください。

ホテル予約サイト

ミラノ、ローマ、フィレンツェなど、イタリア各地のホテル予約が便利

Expediaでホテル予約Booking.comでホテル予約Hotels.comでホテル予約

ミラノの基本情報

About Milano

イタリア唯一の都市ミラノ

イタリア・ロンバルディア州の州都「ミラノ」。ミラノの街はイタリアの黄金時代である中世ルネッサンス期に整備計画されたものが基盤となっており、かつて水の都と呼ばれた時期もあった運河はレオナルドダヴィンチが計画に加わったことでも知られている。ミラノのシンボルである大聖堂はヴィスコンティ家とスフォルツァ家が統治していた時代(14-16世紀)に着工した建築物である。

ミラノがイタリアの他の都市と違い唯一の都会と呼ばれるのには大きな理由がある。イタリアでは古い建物の改築には厳しい建築法があり、建て替えなどの大きな変更が難しい。ミラノは第二次大戦中に街の40%以上が爆撃の被害にあっており、最後の晩餐のあるサンタマリアデッレグラッツィエ教会やスカラ座、大聖堂なども被害にあっている。

しかし街のほとんどが崩壊したことにより、復興と共に街の基盤が様変わりし、それと共にファッションやデザインという近代的なものを取り込む都会に発展する機会となった。

世界的なファッションの都、デザインの聖地というミラノの近代的な街のイメージを形成するものは戦中の爪痕からそれを埋めるようにミラノ人(ミラネーゼ)達が復興に力を注いだエネルギーが発端であったと言っても過言ではないだろう。

ミラノ市の人口は約150万人と言われているが、ドーナツ化現象がめまぐるしく郊外の住居地域を入れると600-700万人都市とも言われている。北イタリアを代表する都市であるが、主に南イタリアは農業中心で北イタリアは工業が盛んにおこなわれてきたという背景があるため、ミラノは日本でいうと東京のように地方から出稼ぎにやってきた人々も多い。これがミラノを探せばどんなイタリアの地方料理レストランでも見つかるといわれる所以にもなっている。

ミラノは工業、繊維が古くから発達してきたが、地理的に他のヨーロッパ諸国から近いこともあってイタリアのなかでも商業の街と呼ばれファッション、デザイン、建築関係と年間を通じてさまざまな展示会が開催されるという特徴もある。街を歩けば他のどの都市よりビジネス風の格好をした人が多く、老若男女問わずオシャレに気をつけている都市というのもこうした背景があるようだ。

憧れのイタリアンブランドのショッピング、伝統あるイタリアオペラの象徴であるスカラ座や、日本人が在籍する世界ビッククラブであるACミランやインテルがホームグランドにしている「サン・シーロスタジアム」があるなど、ミラノの魅力は他のイタリアの街にはない長い歴史に培われた基盤の上にイタリアの魅力が凝縮されたような近代都市の構造を擁していることに他ならないだろう。  また2015年にミラノエキスポが開催され、益々国際都市としての機能を高め、常にイタリアをリードする先駆的役割を担うことが期待されている都市でもある。

ミラノの守護聖人

イタリアでは都市ごとに守護聖人が指定されているが、ミラノの守護聖人は「聖アンブロシウス」。ミラノ最古の教会として祀られているサンタンブロージョ聖堂がある。