ミラノから観光・旅行情報を発信!アーモ・ミラノ


最後の晩餐は予約必須です

ミラノ佐武辰之佑もし観覧したいならとにかく早めの予約が大切です。

ミラノ在住・佐武 辰之佑

ミラノ近郊ツアーコモ湖やアウトレット・ショッピングなど充実したミラノ滞在をご提案。

皆さんの旅を快適に、安全にサポートさせていただきます。

詳細は「ミラノ近郊ツアー」をお読みください。

ホテル予約サイト

ミラノ、ローマ、フィレンツェなど、イタリア各地のホテル予約が便利

Expediaでホテル予約Booking.comでホテル予約Hotels.comでホテル予約

(画像はクリックすると拡大します)

Santa Maria delle Grazieミラノ・ルネッサンス様式の美しい教会。この美しい「サンタマリアデッレグラツィエ教会」の中にあの「最後の晩餐」があります。

Cenacolo Vinciano世界中から観光客が集まる「最後の晩餐」への入り口。入り口の左に「世界遺産」を表す標識が掲げてあります。

最後の晩餐

Cenacolo Vinciano

世界遺産に登録されている天才レオナルド・ダ・ヴィンチの大傑作「最後の晩餐(Cenacolo Vinciano=チェナーコロ・ヴィンチャーノ)」。この「最後の晩餐」はサンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会の中にある。

これを一目見ようと毎日のように世界中から多くの観光客が訪れる。1494-1498年に製作されたこの作品は教会の食堂に描かれたということもあり、いまだ500年以上ミラノから外に持ち出されたことはない。まさに「ミラノが世界に誇る宝」と言っても言い過ぎではないだろう。サンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会(Santa Maria delle Grazie)はルネッサンス期の傑作として知られ、世界2次大戦で損傷を受けたが、奇跡的に「最後の晩餐」は無事だった。

最後の晩餐への行き方

ドゥオーモから「サン・シーロ」行きの16番のトラムに乗って10分弱。写真の風景が右手に見えるとトラムが止まるのでそこで下車。教会前の広場には多くの人が待ちわびている姿が目に止まる。このサンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会はかつて修道院だった建物をスフォルツァ家が改装したものだ。そして教会のなかの昔修道院食堂だった場所に「最後の晩餐」が描かれている。

一回の入館はわずか25名のみ、完全予約制

「最後の晩餐」の見学はグループごとになっており、一グループ25人ほどが15分交代で見学するしくみになっている。入口からこの食堂までは4,5枚のガラス戸で仕切られていて2,3分おきに新しいドアが開き、徐々に「最後の晩餐」へと向かってゆくことになる。次々とドアが開くたびに少しずつ緊張感が高まってゆく。ついに最後の一枚のガラス戸の前に来た時にはグループ全体の中にまるでプレゼントの箱を開けるときのようなワクワクした表情がうかがえる。

アーモイタリアで予約手配してくれます

予約がとても取れにくいですが、アーモイタリアで予約手配してくれます。公式サイトで完売の場合も、高確率で手配してくれるので期待できます。予約取れない場合は手数料もゼロなので安心です。
(予約申し込み)http://www.amoitalia.com/museo/cenacolo.html

予約が取れなかったけど、最後のチャンス!

残念ながら予約が取れなかったけど、どうしてもミラノに到着して「最後の晩餐」を観覧したい場合、最後のチャンスがあります。チケットオフィスが開く前朝8時頃に並び、朝一で当日の空席がないか聞く方法です。確実ではありませんがもし運が良ければ当日のキャンセルを狙うという方法もあります。

最後の晩餐 (Cenacolo Vinciano)
住所 Piazza Santa Maria delle Grazie, 2 MILANO - ITALY
行き方 ドゥオーモから「サン・シーロ」行きの16番のトラムに乗って10分弱。写真の風景が右手に見えるとトラムが止まるのでそこで下車
休館日 毎週月曜日、1月1日、4月25日、5月1日、12月25日
入館時間 8:15~18:45
サイト http://www.cenacolovinciano.net/
予約 予約センター
(+39) 02 92800362
月~土:8:00~18.30
日本語予約サイト アーモイタリアで最後の晩餐を予約してくれます
日本語で安心です
最後の晩餐の予約申し込みページ
http://www.amoitalia.com/museo/cenacolo.html
備考
  • 日本語オーディオガイド:一人用2.5ユーロ/二人用4.5ユーロ(身分証の提出が必要)
  • 館内カメラ撮影不可

大きな地図で見る