ミラノから観光・旅行情報を発信!アーモ・ミラノ











ミラノ中心、見どころです

ミラノ佐武辰之佑ミラノ中心地にできた必見の美術館です。2012年はまだ美術館は完成していなく無料で公開していましたが、僕はここ一年で10回ほど訪れたというほど気にいっています。

ミラノ在住・佐武 辰之佑

ミラノ近郊ツアーコモ湖やアウトレット・ショッピングなど充実したミラノ滞在をご提案。

皆さんの旅を快適に、安全にサポートさせていただきます。

詳細は「ミラノ近郊ツアー」をお読みください。

ホテル予約サイト

ミラノ、ローマ、フィレンツェなど、イタリア各地のホテル予約が便利

Expediaでホテル予約Booking.comでホテル予約Hotels.comでホテル予約

(画像はクリックすると拡大します)

GALLERIE D`ITALIAスカラ座広場(Piazza della scala)建物左がスカラ座、右がガッレリア・イタリア

GALLERIE D`ITALIA美術館入口

GALLERIE D`ITALIA美術館内 入口付近

GALLERIE D`ITALIA美術館内 館内もとても美しいです

GALLERIE D`ITALIA美術館内 出口付近ブックショップ エスプレッソが飲めるバールなどもあります

ガッレリア・デイタリア美術館

GALLERIE D`ITALIA

スカラ座広場の新しい美術館

ミラノの中心地・スカラ座を横に眺めながら新しい美術館がオープンしました。このガッレリア・デイタリア(GALLERIE D`ITALIA)は22の部屋で仕切られた近代美術館になっています。

ミラノの美術館と言えばブレラ美術館アンブロシアーナ絵画館などが知られていますが、この二つはイタリア古典的宗教的絵画6世紀~からルネッサンスまでを中心としたコレクションとなっています。

一方このガッレリア・デイタリアは主に1800年代後半から1900年代前半の絵画を中心にした近代美術館になっています。ミラノでは数年前に20世紀美術館がオープンしこちらも話題を呼びましたが、このほんの少し前の時代の絵画を集めたようなコンセプトになっています。

こちらの美術館の展示してある作品は主にミラノの銀行や個人蔵であったものが多く、ほとんど今までは世に出ることがありませんでした。1900年代初頭よりミラノはイタリア近代文化の発信地としていろいろな産業やファッションなどを生み出しましたが、戦後イタリアの近代アート中心地になったといっても過言ではありません。

そういったイタリア近代アートの軌跡を辿れることも魅力の一つですが、日本人には絶大の人気を誇るフランスの印象派画家達の作品などに影響され独自の魅力を放つ作品が多くあります。そういった印象派時代の作品が好きな方には特にお勧めの美術館になっています。

ガッレリア・デイタリア (GALLERIE D`ITALIA)
住所 Piazza della Scala, 6 - 20121, Milano, イタリア
電話番号 +39 02 724341
休館日 毎週月曜 12月24,25,31日、1月1日、5月1日
開館時間 火曜~日曜 9:30-19:30
木曜 22:30まで (入場は閉館1時間前まで)
入館料 入場料10ユーロ
(*)2015年11月に料金改定されました
所用時間 約一時間
サイト http://www.gallerieditalia.com/


大きな地図で見る

GALLERIE D`ITALIAANDREA TAVERNIER

GALLERIE D`ITALIALEONARDO BAZZARO

GALLERIE D`ITALIALucio Fontana

GALLERIE D`ITALIAVINCENZO IROLLI